友の会が5年ごとに実施している「リウマチ患者の実態調査」の結果をまとめた「リウマチ白書」はリウマチ
患者をとりまく医療・福祉、社会環境を、数で裏付けた患者の今が如実に示されています。
この白書は、医療・行政・福祉・教育・その他各方面で注目され、リウマチ患者の現状として活用されています。
また、友の会の活動の基礎資料として、患者の療養環境をと整えるための働きかけの元となっています。
『2020年リウマチ白書』は<総合編><啓発編><資料編><患者の声編>の4部作です。

『2020年リウマチ白書』

<総合編><患者の声編><啓発編>は、会員以外の一般の方にも頒布しています。(各1冊800円 送料込)
※購入希望の方はこちらにご連絡ください。 ℡ 03-3258-6565

 

 <総合編目次>

 リウマチ患者の横顔

   ・性別/年齢/職業
   ・リウマチと診断された年齢/診断名
   ・最初に痛くなった関節/一年前と比較した現在の症状
   ・関節以外の症状/診断された合併症
   ・治療薬による副作用/喫煙

 

リウマチの医療

   ・医療機関
   ・主治医
   ・薬
   ・手術
   ・リハビリテーション(機能訓練)
   ・障害程度の自己評価(HAQ)
   ・補装具(装具)
   ・靴

 

 療養状況

   ・通院
   ・入院
   ・リウマチの影響
   ・自助具
   ・住環境整備

 

社会保障

   ・制度/医療費
   ・介護保険制度
   ・身体障碍者手帳
   ・障害者総合支援法
   ・障害年金/災害への備え

 

希望と自立を求めて

   ・交流/今したいこと/不安やつらいこと
   ・要望

 

日本リウマチ友の会

   ・会員でいる理由/入会後の変化
   ・活動にのぞむこと